【お知らせ】リニューアルしました。旧ページはこちらから。

令和2年度 危険物取扱者保安講習(法定講習)実施案内

令和2年度 危険物取扱者保安講習(法定講習)について

 消防法(昭和23年法律第186号)第13条の23の規定による危険物の取扱作業に従事する危険物取扱者の保安に関する講習を次により実施します。

・受講対象者

 危険物取扱者の免状を受けている者のうち、現に危険物製造所等において、危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、当該免状の交付を受けた日又は講習を受けた日以後における最初の4月1日から3年以内に講習を受講しなければなりません。また、危険物の取扱作業に従事していなかったっ者が、従事することになった場合は、その従事することとなった日から1年以内に受講しなければなりません。

・継続して危険物の取扱作業に従事している場合

 製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、都道府県知事等が行う保安に関する講習を受講した日以後における最初の4月1日から3年以内ごとに受講しなければなりません。

・危険物の取扱作業に従事していなかった者が、新たに危険物の取扱作業に従事することとなった場合

 危険物の取扱作業に従事していなかった者が、危険物の取扱作業に従事することとなった場合は、その従事することとなった日から1年以内に受講しなければなりません。

 ただし、従事することとなった日の過去2年以内に危険物取扱者免状の交付を受けている場合又は講習を受けている場合は、免状交付日又はその受講日以後における最初の4月1日から3年以内に受講しなければなりません。

・従事しなくなった者又は従事していない者

 法令上、特に受講する義務はありません。ただし、免状保持者で希望する方は受講できます。

※証紙売りさばき所の案内

※受講義務者が受講期限内に受講しない場合は、「危険物取扱者免状返納命令制度」により、違反点数の加点又は危険物の全ての免状の返納が命じられることがありますので注意してください。

(注)一度納付した受講手数料及び受付した申請書類は一切お返しできません。
 なお、特別な都合で受講日に受講できなかった場合は、その後、年度中に実施される他の会場での受講が可能です。その際は連合会に問い合わせてください。(12月23日が最終日)

・保安講習の日程・

・講習は3種類に分けて実施しますので、従事している危険物施設の区分によって申請してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました