国道101号生鼻崎第一トンネルにおける交通事故救助訓練

 平成30年5月から全面通行止めとなっていた生鼻崎第一トンネルの災害復旧工事が完了し、令和2年12月15日に全面開通することに伴い、12月3日にトンネル内での交通事故を想定した救助訓練を実施しました。訓練には男鹿警察署や男鹿市役所の職員も参加し、迅速な救助活動の手順を確認しました。

救急隊が傷病者に接触し、状態を観察

車内に閉じ込められている傷病者を車外へ救出するため、救助隊により車両を破壊

車両火災に備え警戒筒先を配備

無事に訓練終了

コメント

タイトルとURLをコピーしました