救命救急の技術を競う

 令和3年9月9日、救急の日に男鹿地区消防本部では救命救急技術訓練大会を開催しました。                                        

 この訓練は、救急救命士及び救急隊員が救急現場での傷病者への的確な観察力、それに基づく状況判断及び迅速な救命処置等の技能向上を図ることを目的に、秋田周辺地域メディカルコントロール協議会が開催し、管内消防本部(秋田市・男鹿地区・湖東地区・五城目町)が企画参加していたものですが、コロナ禍の影響で昨年に引き続き署内開催となりました。

 新たに救急救命士として就業予定の3人をはじめとする参加隊員は、日頃の訓練の成果を披露し、指導救命士からの助言や評価を真剣な眼差しで確認していました。

  今後の活躍を期待します。

今年は三隊が参加し、日頃の訓練の成果を披露しました。

隊員一人一人が連携し、救命技術を競いあいました。

訓練終了後は、指導救命士によるフィードバックを行いました。

真剣な表情で、指導救命士からフィードバックを受ける隊員。

コメント

タイトルとURLをコピーしました